Hiroko Otake Exhibition Metamorphosis

コートヤードガロウでは、2018年11月2日(金)〜2019年1月11日(金)の約2ヶ月間、日本画家・大竹寛子氏の個展「Metamorphosis」を開催いたします。今回、「Metamorphosis=変容」をテーマに蝶の儚さの中にある無限性や力強さを表現した作品を展示いたします。 ■Hiroko Otake Exhibition「Metamorphosis」
 期間: 2018年11月2日(金)〜2019年1月11日(金)
 時間: 12:00〜19:00
※11月2日は17:00から開場となります
 場所: コートヤードガロウ 東京都港区西麻布4-21-2 コートヤードHIROO 3F
 休廊: 日曜日、2018年12月29日(土)〜2019年1月6日(日)
 料金: 入場無料
■Openig Party 【Entrance Free】
 日時: 2018年11月2日(金)17:00〜21:00 
 場所: コートヤードHIROO 東京都港区西麻布4-21-2 コートヤードHIROO
大竹寛子 Hiroko Otake 2006年 東京藝術大学絵画科日本画専攻卒業、2011年 東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程日本画研究領域修了、美術研究博士号取得。2014年 東京藝術大学 エメラルド賞 受賞。2015〜2016年文化庁新進芸術家海外派遣制度によりニューヨークに滞在。日本画の伝統的な技法をベースに箔や岩絵具を用いて新たな表現を展開し、国内外で高く評価されている。 Graduated with a major in Japanese Painting at the Department of Painting, Tokyo University of the Arts (2006). Completed a Doctoral Program and earned her PhD in Japanese Painting in an Art and Education course at Tokyo University of the Arts Graduate School. Received the Emerald Grant Award from Tokyo University of the Arts in 2014. Has lived in New York during 2015-16 as part of the Ministry of Culture’s overseas exchange program for up-and-coming artists. Otake is renowned in Japan and abroad for her novel expressions using foil and mineral pigments based on traditional Japanese painting techniques.
[ 2018年10月12日 ]

5th Oct. 2018
FIRST FRIDAY Tokyo vol.45

10月5日(金)に行われたFirst Fridayは、G.O.A.T YARD(ゴートヤード)を開催いたしました。ビールの祭典・オクトーバーフェストをコートヤードHIROOでもできたらいいね、というふとした会話からG.O.A.T.YARDが生まれ、「最高の時間を仲間と共に過ごして欲しい」という想いを込めて「Greatest Of All Time」の頭文字を取って「G.O.A.T YARD」と名付けられました。

今回、First Fridayの主役となったKEYS&BRICKSは、福井県の老舗酒造で製造された国産フレーバーウォッカ。ウォッカに風味豊かなマンゴー味や無農薬の瀬戸内レモン味を使用していることでとても飲みやすく、幅広い層から支持されています。

当日は小雨が降っていたにも関わらず、約300名のお客様にご来場いただきました。
入場と同時に配られるウェルカムウォッカではじめに乾杯!
KEYS&BRICKSのカクテルや81のふわふわな穴子バーガー、特製ローストビーフがたまらないサンドウィッチなどをお楽しみいただき、会場中のいたるところから笑い声が聞こえ、笑顔の絶えないFirst Fridayとなりました。

11月2日(金)~ 2019年1月11日(金)の期間中、日本画家・大竹寛子さんの個展「Metamorphosis」を開催いたします。開催に伴い、11月2日(金)のFirst Fridayにてオープニングパーティーを行うこととなりました!今回の個展で新たに発表される作品もご用意いただき、見応えのある展示となっておりますので、是非ご来場ください。

[ 2018年10月11日 ]

7th Sep. 2018
FIRST FRIDAY Tokyo vol.44

9月7日(金)に行われたFirst Fridayは、Deportare Clubの8周年記念パーティとして開催しました。
Deportare Clubの会員様限定で行われた今回はお土産付きイベントで、大きく「8」がデザインされたTシャツやトートバッグ他、日頃からDeportare Clubがお世話になっている八重山クロレラ、エリクシノールのCBDオイル、ルフロの飲泉など、体に良いものばかりとなりました。

スタジオでは、9月から新しく加わる4つのレッスンの体験会を、キッチンでは、グルテンフリーの料理教室、ガロウでは、”リカバリー”についてのスペシャルトークが開催され、また、中庭では、Deportare ClubのトレーナーによるBBQや焼きそば、カレーなどが振舞われ、どこのエリアに行っても大変な賑わいとなりました。

Deportare Clubのパワー、そして会員様の意識の高さを随所で感じることができた今回のFirst Friday。
たくさんの会員のみまさな、お忙しい中、参加してくださりありがとうございました。

次回のFirst Fridayは、10月5日(金)に「コートヤード」ならぬ「ゴートヤード」と題して、日本製のウォッカを中心にGreatest Of All Timeなひとときを過ごせるイベントを開催します。
どうぞお楽しみに!

[ 2018年9月1日 ]

10th Aug. 2018
FIRST FRIDAY Tokyo vol.43

8月10日に開催された夏祭りをテーマにしたFirst Fridayは、天候にも恵まれどのエリアも和やかな雰囲気で賑わいました。
中庭では、予約のなかなか取れないレストラン「81」がFirst Fridayに初出店し、牛肉入りカレーやシーフード焼きそば、焼きトウモロコシ、かき氷など、夏祭りフードを販売しました。
レストランでは、決して食べることのできない今回のメニューは、お客様を大変満足させてくれました。

同じく中庭のウッドデッキでは、この日のために時間をかけて制作した「フレイヤの部屋」のワークショップを開催し、大きな影絵の人形劇場を展開しました。
スクリーンになる布には、明るい時間に墨で背景を描いて、日が落ちて来たら、いよいよ人形劇の始まりです。
予め準備しているストーリーはなく、影絵を動かすみんなでショートストーリーを作り上げるこの人形劇とそのシアター装置は、本当に幻想的で素晴らしい空間を作ってくれました。

ウッドデッキのスグ横には、みんなが楽しみにしていたプールが置かれ、水着に着替えた子どもたちの楽しそうな笑い声が響きました。

そして、ラウンジでは先月に続き「BIZQUEST」の活動が行われ、子どもたちが瀬戸内レモネードと岡山ビーチティーを販売しました。
今回の目標は、先月の売り上げを超えること。
子どもたちは、どうしたら売れるのか独自で考え、移動販売やセールストークなど工夫を凝らし、見事目標を達成していました。

また、3階ガロウでは映画「蛍のいる風景」が上映され、写真家の小原玲氏を迎えてのトークショーも開催されました。
こちらの作品は、蛍の生体から「夜の暗さの重要性」を探求していく2015年にアメリカで制作されたドキュメンタリー映画で、12分程度の短いものですが、いろんなことを考えるきっかけや気づきを与えてくれました。

充実したコンテンツに恵まれた今回のFirst Friday。
ご来場いただきましたたくさんの方々、ご協力してくださった関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

[ 2018年8月16日 ]

BizQuest参加者募集! 〜実践者が設計したアントレプレナーシップ・プログラム〜

学校では絶対に教えてくれない経済・経営について実践的に親子で学ぶプログラムです。瀬戸内レモンと岡山桃を原材料に商品を製造。さらに、コートヤードHIROOで開催しているFirst Fridayに出店して自分たちで商品を売って稼ぎ、決算まで行う内容となります。某体験施設とは異なり、従業員になるのではなく、自らがマネジメントに関わり、成果を生み出し、成果に応じて対価を受け取る経験を積むものになります。さらにチェーンストアとかばかりではなく、地方などの生産地と直結し、商品企画、販売方法、現金のやり取りまで学び、簡単な決算まで行います。 本プログラム開発をしているメンバー自身が10代から自ら様々な事業を立ち上げてきています。さらに全国各地の生産地、慶応大学などの様々なセクターから協力頂いて実施する先端的なアントレプレナーシッププログラムです。 7月に開催した際には子どもたち(6-11歳)は90分の販売だけで100杯以上の瀬戸内レモンで作ったレモネードを販売し、2万円ほどの利益を生み出し、一人あたり2000円ほどの配当を得ました。今回はさらに内容をバージョンアップして子どもたちだけでなく、親も学べる内容となっています。 <当日の模様がわかるショートムービー> https://www.youtube.com/watch?v=H7rDkJFfYMU 夏休みの2日間の自由研究テーマとしても、また今後事業に関心を子どもたちが持つ生き抜く力としての事業力を養う貴重な経験としても活用ください。さらに今回は保護者向けのセミナーも含まれていますので、大人のアントレプレナーシップ理解の場としてもご期待ください。 【2日間のプログラム内容・予定】 8月10日 14:00 - 20:00 (商品の製造と販売) 14:00~14:30 集合 14:30~15:30 商品に関する解説、製造研修 (瀬戸内レモン、岡山桃を使う予定) 15:30~16:00 休憩 16:00~17:00 準備 17:30~19:00 販売 19:00~20:00 撤収、解散 8月11日 10:00 - 12:00 (前日の集計決算と振返り) 10:00 集合 10:30 集計・決算作業、利益分配について議論 (保護者はセミナー) 11:15 休憩 11:30 子どもたちによる決算発表 12:00 解散 2日目は子どもたちとは別に、10:30~11:30にて保護者向けの「世界のアントレプレナーシップ最前線と題して、本プログラムにもご協力頂いている慶応義塾大学総合政策学部教授で慶応義塾大学常任理事でもある國領二郎先生によるセミナーを開催予定です。子どものうちから様々な事業経験をすることによって醸成されるアントレプレナーシップについて解説していただきます。 保護者向けセミナー講師・國領二郎(こくりょう・じろう) 1959年米ニューヨーク州生まれ。港区立檜町小学校(現・港区立赤坂小学校)に通い、中学時代はイギリスの寄宿学校で過ごす。82年東京大学経済学部経営学科卒。82年日本電信電話公社(現NTT)入社。86年より米ハーバード・ビジネススクール留学。修士課程・研究員などをへて、92年ハーバード大学博士課程修了(経営博士)。93年慶応義塾大学大学院経営管理研究科助教授。00年同教授。03年同大学環境情報学部教授。05年よりSFC研究所所長を兼任し、13年より同大学常任理事。主な著作に『オープン・ソリューション社会の構想』(日本経済新聞社)『オープン・アーキテクチャー戦略』(ダイヤモンド社)『オープン・ネットワーク経営』(日本経済新聞社・テレコム社会科学賞受賞)などがある。 ※注意 2日間の連続したプログラムとなっていますのであらかじめ予定を確保ください。また、柔軟に予定・内容は変更しますので、こちらはあくまで予定です。 【場所】 コートヤード広尾 東京都港区 西麻布4-21-2 【料金】 子供一人あたりで3万円(税別) ただし、保護者同伴となります。保護者の方は2人まで参加可能です。 ※ 本事業は子どもたちが自ら店舗を出店し、共同経営するプログラムです。子どもたちには販売利益に応じて利益配当が出ます。 【参加年齢】 10~15歳を主体として考えています。しかし過去の実績から6歳以上であれば販売などについては十分に事業貢献可能ですので適宜ご相談ください。 【定員】 5名限定。 【申込み】 https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01f9swzqfwrf.html 【BizQuestメンバー陣】 木下斉(きのした ひとし) 1982年東京生まれ。早稲田大学高等学院在学中の高校1年のときに東京・早稲田商店会に関わり、高校3年から全国商店街による共同出資会社を設立、社長就任。その年に流行語大賞「IT革命」を受賞。その後、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学商学研究科経営学修士修了。現在まで20年近くに渡り全国15都市において地域再生に寄与する事業会社に投資、経営を行い、さらに地域や経営情報に関するオンラインメディアやスクールも経営する一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事も務める。内閣府地域活性化伝道師、各種政府委員も務める。著書に「稼ぐまちが地方を変える」「地方創生大全」「福岡市が地方最強の都市になった理由」「まちで闘う方法論」などがある。 井野英隆(いの ひでたか) 1983年9月11日生まれ。現在 augment5 Inc 代表取締役社長、またVML TOKYO(WPP)にてデジタルコンテンツディレクターを兼務 。学生時代からデジタル領域を中心に多くのプロモーションの企画・制作を手がけながら、おもに大企業内の事業コンサルティング、新規事業開発に携わる。近年 augment5 Inc で独自に制作を進めていた日本各地域の映像が話題となり、同映像は全世界で約200万回以上の視聴を記録し、約150か国からのトラフィックを集めている。
[ 2018年7月24日 ]