1st Jun 2018
FIRST FRIDAY Tokyo vol.41

6月1日(金)のFirst Fridayは、先日、「富山ホワイトシュリンプス」が発会したことに合わせ、「富山の魅力発信」をテーマに設定しました。

注目すべきは、今、富山県内でもっとも注目を集めるフレンチレストラン「L’evo(レヴォ)」のオーナーシェフ、谷口英司さんを招いたトークショーです。
「L’evo」は、富山市春日にあるリゾートホテル「リバーリトリート雅楽倶(がらく)」内にあるレストラン。
食材はもちろん、ワインや日本酒、皿やテーブルに至るまで、ほぼすべてが富山産と、一切妥協のない”地産地消”を実現している。

今回、First Fridayで谷口シェフが対談するのは、コートヤードHIROOで「81」を構える永島健志シェフ。
経歴もスタイルも、まったく違う二人がどんな視点で、どんな話を語るのか。台本もリハもない、いきなりの一本勝負。
そのほか、First Fridayでは、カンティーン・ステーションの新しいフードトラックがお披露目されます。

カンティーン・ステーションの新しいフードトラック

このフードトラックを最初に使用していただくのは、富山で1日1組限定の完全予約制フレンチレストラン「カーヴ・ユノキ」の柚木シェフと、同じく富山で「予約の取れないレストラン」として話題のイタリアンレストラン「ひまわり食堂」の田中シェフです。

柚木栄樹シェフ 田中穂積シェフ

是非、富山の魅力を食を通して感じてください。
そして、富山からお招きしているのは、シェフだけではありません。
富山県高岡市で伝統の技法をもとに独自の着色技術を開発し、400年以上の歴史を持つ「高岡銅器」の可能性を追求しているモメンタムファクトリーの折井さんをお招きし、pop up shopを開催していただきます。
富山の魅力満載の今回のFirst Fridayをどうぞお楽しみ!

モメンタムファクトリー: 折井宏司さん
*「富山ホワイトシュリンプス」とは

富山生まれの祖父を持つA-TOM代表青井茂と、富山で生まれ育った千葉ロッテマリーンズ石川歩投手。
すべては、ふたりの出会いから始まった。
富山をもっと盛り上げたい。富山の魅力をたくさんの人に伝えたい。そんな熱い思いで意気投合して生まれたのがホワイトシュリンプス。
「日本の富山を、世界の富山に」を旗印に2018年5月14日に富山の六角堂カフェで発足式終え、これからスポーツ、食、アート、音楽など、さまざまな分野で活動を開始。

【First Friday TOKYO】
日程:6月1日(金)17:00〜21:00
トークショー:19:00〜20:00 3Fガロウ
入場無料

[ 2018年5月29日 ]