菅野歩美 個展「アトピアだより/News From Atopia」
会 場 : コートヤードHIROO 東京都港区⻄麻布 4-21-2
会 期 : 2022年10月4日(火) 〜 2022年10月21日(金)
時 間 : 12 : 00 〜 19 : 00 休廊日 : 月曜休廊
supported by TOKYO GEIDAI “I LOVE YOU” project
協賛 エプソン販売 株式会社



コートヤードHIROOの運営会社 株式会社A-TOMが、A-TOM ART AWARD 2021の受賞者である菅野歩美さんの個展「アトピアだより/News From Atopia」を開催いたします。
*A-TOM ART AWARDとは東京藝術大学 まちづくりのスマートビジョン 伊東順二 特任教授と手を組み2017年に創設したアートアワードです。

菅野さんの作品は、「フォークロア」と呼ばれる土地に古く伝わる風習・伝承などを題材にしております。土地に根付いた文化や記憶をリサーチし、デジタル空間に再構築しています。こうして、土地にまつわる物語をメディアアートに変換することで、ある種のデジタルツインとして生成された作品は、まるで物語絵巻の中に入り込んでしまったかのようなアートの旅へと皆様を誘います。
清秋の季節、アートを通して旅するように、本展示をぜひご高覧いただけましたら幸いでございます。

― コートヤードHIROO




学部で油画を専攻していた菅野は、様々な土地での滞在制作を通じて次第に表現方法を変化させていき、近年ではリサーチした土地にまつわる物語や伝説、怪談を元に、3DCGを使った映像インスタレーションを制作しています。本展示のタイトルである”アトピアだより”は、ウィリアム・モリスの小説のタイトル”ユートピアだより”から引用しています。ユートピアの訪れを想像することが難しい現代において、むしろ「場所ではない」ような「奇妙な」空間について考えてみたい。こうした思いから「場所ではない」、「奇妙な」という意味を持つギリシャ語の”アトピア“をタイトルに使い、アトピアから送られてくる手紙=”アトピアだより“という展示を作ることにしました。

都内で初めて開催される個展である本展示では、去年から制作を続けている福島県の西会津町を題材にした作品「未踏のツアー」の最新形態の発表に加え、奄美大島をテーマにした新作の発表を予定しています。菅野の作り出す作品は、モデルになった土地に馴染みの深い鑑賞者にとっては、よく知った懐かしい場所でありながら、時に「奇妙な場所」として映ります。他方で、モデルとなった土地に馴染みのない鑑賞者には、その「奇妙な場所」が、なぜか懐かしく感じられる瞬間が訪れます。

人が互いに他者を理解しようとするとき、そこには邪魔になる見えない障壁があります。例えば、空間的な遠さや時間的な遠さなどです。こうした障壁を取り払うためには、他者や離れた場所について想像し思いを馳せるための身近なきっかけが必要です。今まで関わることが無かった異なるルーツや価値観を持つ人々や土地を、作品を通して結びつけることで、こうしたきっかけを作り、作品のモデルとなった土地の再発見を鑑賞者に促すことができる展示となっています。






菅野 歩美
1994年 東京都生まれ
2017年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2019年 国立臺北芸術大学 交換留学
2021年 東京藝術大学大学院美術研究科油画 修了
同大学博士後期課程 在籍

【受賞・ノミネート歴】
2021年  A-TOM ART AWARD 2021 特別賞
2021年 第27回学生CGコンテスト アート部門 ノミネート

【作家ステートメント】
どこの土地にも存在する、土地にまつわる物語や伝説、怪談。フォークロアと呼ばれるそれらは、なぜ人々によって紡がれてきたのか、その背後にある歴史や個人の感情を考えながら映像インスタレーションを制作している。現代社会においては存在意義さえ曖昧なフォークロアを、メディアアートとして記述することで、私たちが土地に何を求めていて、何を失いつつあるのか、メディアアートとして生まれ変わったフォークロアが私たちにもたらすことは何かを研究している。

HP: https://ayumikannno.myportfolio.com/
Instagram: https://www.instagram.com/ayumikanno/
Twitter: https://twitter.com/bumei02