“FUTURE MEMORY”
Akira Fujimoto / Cannon Hersey


「FUTURE MEMORY」は、日米の2人のアーティスト(藤元明 / Cannon Hersey)が戦争や災害など歴史における喪失の記憶を、21世紀の記録技術を駆使し作品や展覧会に昇華。新しい体験として現代に提案するアートプロジェクトです。
本展覧会では、1945年8月6日の広島原爆投下と、その記憶に向き合い、2015年から
制作されてきた作品群と、2019年より所有者不明の被曝資料の3Dスキャンデータをもとに制作してきた「NO NAME」(映像作品)の新しいシリーズ、新たな展開としてシルクスクリーンプリント・彫刻作品などの展示・販売を致します。合わせて広島平和記念資料館(設計:丹下健三)の展示空間を3Dスキャンしたwebサイトwww1future.jp(2020)「Portrait of Museum」の建築外観を新たに3Dスキャンした新しいバージョンなど、モニタで閲覧する作品も展示いたします。

”FUTURE MEMORY”
Akira Fujimoto / Cannon Hersey

会期:8月5日(木)〜8月28日(土)月曜休廊
時間:12:00-19:00
主催:1FUTURE
協力:広島平和記念資料館、ICAN、ピースボート
後援:広島市
URL:https://cy-hiroo.jp/gallery



【Future Memory Dialogues / 対話と交流イベント】

オープニングイベント 8月6日(金) 19:00-21:00(トークは20:00-21:00)
クロージングイベント 8月28日(土)
市民に開かれた場で、世代や国境を越えて、広島、東京、NY, ジュネーブなど世界の都市を結び、空間を超えた対話を創出し、人々の交流の「場」を創造。 Zoomで世界中どこからでも参加でき、当日はYouTubeでも配信します。

◉Zoom アドレス : https://us02web.zoom.us/j/81300769211?pwd=M0NEa3JYK1hONFVyalZ5a21PQkg3QT09
◉<ご参加について/OFFLINE限定10名様>
ご予約はPeatixよりお願いいたします 。
8月28日(土)の詳細は追って発表致します。



FUTURE MEMORY is the name of an art project. In this exhibition ”FUTURE MEMORY”, Cannon Hersey and Akira Fujimoto produced the works from 2019 at the Hiroshima Peace Memorial Museum. And the concept is "Dialogue about the reality of the A-bombing of Hiroshima" in various ways of works that have been made from 2015.
_________

Artist Statement
我々の日常では、戦争や災害などの大いなる喪失の記憶は時代とともに薄れて、時代の都合に合わせ歴史を忘れるえることで進歩してきた。しかしその事実やトラウマが消えるわけではない。一方で歴史の記憶は、各時代の担い手によって何度も読みかえられ継承されてきた。FUTURE MEMORY では、物理劣化し伝聞継承の難しくなった歴史の証拠を、多次元的にデータで保存、それら事実に基づく「記憶」をアート作品へと置き換えるプロジェクトである。それら作品を通じた「歴史の体験」は、鑑賞者自身の「記憶」を直接生成し、改めて歴史事実を考えるきっかけとなる。そのことが、未来の記憶として次世代に繋がっていくのである。
藤元 明

The great loss of our memory- our forgetfulness of war, slavery, greed, discrim-ination and environmental destruction. The inevitable loss of our sight, resolu-tion and understanding of things in the past. We have progressed by moving away from history, but the past continues to exist. Memories and trauma were inherited. We witness memory exploited by new leaders of each era and the in-doctrination of truth.
Cannon Hersey

____________________

アーティスト プロフィール


藤元明 / Akira Fujimoto
1975年東京生まれ。東京藝術大学美術学部大学院デザイン専攻修了。FABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学先端芸術表現科助手を経てアーティストとして国内外で活動。社会現象や環境問題をモチーフとして、様々なメディアで作品展示やアートプロジェクトを展開。主な活動に「NEW RECYCLE®」「2021」原爆や戦争など社会的喪失の記憶をテーマにしたプロジェクト「FUTURE MEMORY」など。主な展覧会に「ソノ アイダ#COVID-19」「TOKYO 2021」「陸のうみごみ」など。2015年より開始した都市の余白を活用する「ソノ アイダ」プロジェクトは現在も様々な形で進化している。



キャノン·ハーシー / Cannon Hersey
NYのアーティスト、写真家、映像作家。現代における人種、宗教、文化の意味を探求し、ニューヨーク、広島、ヨハネスブルグ、東京、サンパウロ、マイアミなどで人とアートをユニークな方法で結びつけアートが社会に取り組む方法を構築。1999年にNPO CrossPathCulture、2015年に1Futureを設立し、アートを通じたグローバルコミュニティを構築。多様性、社会変革の言語としてのアートを創作し、美術館、ギャラリー、メディアで発表してきた。2015年以降、祖父で「Hiroshima」の著者である John Hersey の記憶を辿る活動を始め、広島の人々との対話を通して、戦争の記憶の意味を問うアート作品を作ってきた。



title : "explosion x ----- "
size : w200 x h500 x d120 mm
year : 2021
material : Bronze, Wood
artist : Akira Fujimoto + Cannon Hersey
________________
collaboration between Akira Fujimoto and Cannon Hersey in partnership with the Hiroshima Peace Memorial Museum.



title : "Image of memory 01" size : 1800 x 1200 mm
year : 2021
material : paint on canvas artist : Akira Fujimoto



title : " キノコ雲 "
size : 1160 x 2000 mm year : 2021
material : paint on canvas artist : Akira Fujimoto



title : " 懐中時計 -Pocket watch- / 3502-0025 / silver"
size :
year : 2020-2021
material : silkscreen on handmade, silver leaf paper from Hiroshima. artist : Cannon Hersey
________________
collaboration between Akira Fujimoto and Cannon Hersey in partnership with the Hiroshima Peace Memorial Museum.
4/11 EV



title : " 焼けた木 -Burnt tree- / 2104-0134"
size :
year : 2020-2021
material : silkscreen on handmade, silver leaf paper from Hiroshima. artist : Cannon Hersey
________________
collaboration between Akira Fujimoto and Cannon Hersey in partnership with the Hiroshima Peace Memorial Museum.
4/11 EV