‘The reason for evil in the world is that people are not able to tell their stories’ Carl Jung
‘この世の悪の理由は、人々が彼らの物語を伝えることができないからである’ カールユング



Stories are the ancient roots that ground and bind a culture together, the magic in a story is what lifts its boughs and branches so that across time and space these stories reach us all. The last eighteen months have given the world a need for stories more than ever. We need stories that tell us what is important, what it means to be alive, how to gain the courage and will to live fully and stories that teach us how to transform in peace when that life is over.
In my exhibition Sachi, I want to tell stories that have meant a great deal to me. Some are ancient, some are new, some are from my dreams or my imagination but they all take place in a world I have been creating since I was a child. You will meet forests that are minds, religious idols of our future selves, clouds that are gods as well as some familiar heroes and heroines from history and mythology. Stories are the antidote to despair, they order chaos and give us healing by giving life meaning and structure. Much of our media, particularly social media gives us the illusion we are telling our stories but the output is disordered, broken up, snapshots and sound bites that create distress and disconnection from those we are to believe we are connected to. I want my exhibition to be an experience with narrative structure, each piece has a story you can read and together they tell the story of the exhibition as a whole. By all means share what you like, even on social media but I challenge you to tell a story under the pictures you post, whatever story you like. I would love to see your stories, please hashtag #sachiexhibition. Please join me for Sachi from the 2nd to the 24th of July 2021.

物語というのは文化を培い、結びつける古くからのルーツです。物語の素晴らしさは、その枝を伸ばして時間と場所を超え、私たちのもとへ届くことです。
この18ヶ月間、世界は今まで以上に物語を求めました。私たちは私たちにとって何が重要か、生きるとはなんなのか、どうやって勇気をもって豊かに生きるか、一生が終わる時をどのように安らぎに変えていけるか、そういうことを教えてくれる物語を必要としました。私の「幸」というエキシビジョンでは、私にとってとても大きな意味を持つ物語を伝えたいと考えています。その物語はとても古いものだったり、はたまた新しかったり、ときに私の夢や空想だったり、、でもそのすべてが、私が子供の頃から創造してきた世界に確かに存在しています。この展示の中であなたは、心の中の森、未来の私たちの信仰的な偶像、神様のような雲や、馴染みのある歴史や神話上のヒーローやヒロインに出会うでしょう。物語は絶望に対する解毒剤です。それは、混沌を整理し、人生に意味と構成を与え私たちを癒してくれます。多くのメディア、特にSNSは私たちに幻覚をみせます。私たちは物語を発信しますが、うみだされるものは無秩序で壊れています。私たちが繋がりを信じて載せるスナップショットや無難な言葉たちは、苦悩と分離をうみだします。私はこの展覧会があなたにとって物語を体験するものあってほしいです。ひとつひとつの作品に読むことができる物語があり、それが集まり展覧会自体が一つの大きな物語になっています。
ぜひお気に入りを #sachi exhibition とタグをつけてSNSでシェアしてください。そして、あたながポストする写真の下にあなたのストーリーをきかせてほしいです。7月2日から24日まで開催される展覧会「幸」、皆様ぜひご参加ください。

The Chinese character for happiness reminds me of an open heart, a figure with open arms or a tree with branches and roots outstretched like the Celtic tree of life. When I was thinking of what to title my show, the idea of a pictogram seemed to be more appropriate than a word using a phonetic alphabet, after all I am telling stories with pictures. I wanted a ‘kanji’ that in its form and feeling conveyed the meaning of my show. What immediately came to mind was the open heart of the kanji for happiness, it’s always been a favorite of mine.

漢字の「幸」は私にとって心を開くと言うことを思い出させてくれます。その両手を広げたような形は、木の枝が大きく伸びたケルティックツリーのようにみえます。私が展覧会のタイトルをどうしようかと考えているとき、絵を通して物語を伝えると言う観点からも、言葉を綴るより、何かアイコン的なものの方が適していると感じました。私の展示の意図を伝えてくれる形としての漢字を使いたかったのです。そこですぐに浮かんだのが、心を開いているような「幸」という私のお気に入りの漢字でした。



______________________________

Freyja Dean Solo Exhibition 『SACHI』
会期:2021年7月2日(金)〜 24日(土)
休廊日:月曜休廊
営業時間 : 12:00-19:00